ラインナップ

追加ポケット

トピックス

  • ご購入時にスマートフォンアドレスをご登録されている方へ
    ご注文確認メールなどが届かない問題が多数発生しております。
    お心当たりの方は下記、【お問い合わせ】よりご連絡下さいませ。

インフォメーション

営業カレンダー


開発ウラ話

バッグの中身編

カバンの中身シリーズが出来るまでのこだわり話とうんちく話。

ハンドバッグには参りました

ハンドバッグは本当にサイズがマチマチで苦労しました。類型的な機能を提供していないバッグ・・・なんですね。ファッションアイテムであって、書類入れではないので当然と言えば当然なのですが、いまさらながらにその形状やサイズのバラエティーには驚きました。平均値が取りにくいのです。・・・でもです。それでも、やはり収納部を「必要」と感じている方はいらっしゃるのではないか!!・・・これだけが「やってみよう」の下支えでした。

先入観から抜け出せない

一度構想すると中々抜け出られない・・・
「バッグの中身」の開発は全くそれでした。
自分の当初のアイデア、リバーシブル式で裏返せるポーチであり、内(外)側の2面にポケットを多数実装。

しかし当時のアーバンプランニングの女性スタッフからはポケットが足りない・・・と厳しい指摘がありました。
そこそこのサイズのハンドバッグに入るポーチではポケットが全く並びきらないのです。
困りました。暗礁に乗り上げてしまいました。

左:手書きのポーチ案 右:入ると予想される小物、本当はまだまだある

やり直し

そこで基本に返り、と言うよりは先ずは、やる気を取り戻すことが重要でしたが・・・商品の全体のサイズをラフに小さめに特定しつつ、一方でユーザー様が整理して収納したいであろうアイテムを想定することから始めました。

ここでまた問題が判明しました。化粧品もまた、それぞれのサイズがバラバラで、さらに人によって持っていらっしゃる物もバラバラでした。鏡も大きめの方、コンパクトの鏡で十分と言う方・・・。口紅もメーカーによって細かったり長かったり・・・。結局、化粧品を収納すると言う発想をあきらめ、化粧品のポーチは別に使い慣れた物が存在する・・・と割り切りました。

ハンドバッグにはお財布や携帯電話など化粧品以外のアイテムが沢山あったのです。これを何とかしようと考えました。特に女性に特有と考えたのはキーケースでした。これは意外に男性は持っていません。またお財布のサイズ。これは驚きました。二つ折りで厚い・・・とても厚いのです。40mmくらいの厚さのお財布を持つ方はザラでした。いったい何が入っているの?等とも思ったくらいレシートや色々入っていました。
通帳も入れたい・・・これもやはり女性ならでは?と感じたものです。印鑑やピルケース、男性との大きな違いは大きめのタオルハンカチやティッシュ、ウエットティッシュ、電池はいらないが飴(フリスクとか)を入れたい・・・。定期入れは収納したい。フラップは開閉がしにくい。タバコとライターは一緒にしまいたい・・・。
アイテムとサイズは少々見えてきました。

女性のお財布は、とても厚いのです!

並びっこ無いポケット

これらのアイテムは当時想定した23cm×16cmのパネルでは並ばないのですどうやっても・・・。
2面使っても並びません。このサイズでは最低4面分必要なのです。当時ポーチ型から抜け出せず、この4面を実現するのは至難の業と感じられていました。

面倒くさい・・・とは

その他の意見では、バッグの中にもう一度チャックがあるのは許せない、「絶対面倒くさい」と言う話もあり、ポーチスタイルはダメか・・・ともなっていました。手を突っ込んですぐ取り出したい。でも、最近は混んだ電車でスリに狙われるから気をつけたい・・・とか・・・。
もう、これは無理かもしれないと考えていた頃、ちょっと"閃き"ました。

打開策?!

打開策?はある日突然思いつきました。正直に言いますとトイレで思いついたんですが・・。
4面の23cm×16cmのパネルをボード1枚の裏表に上下逆さに実装し、Uの字に曲げてしまう・・・。これは自分で言うのもなんですが、雷に打たれたとでも言うような感じがしました。
Uの字・・・底の部分に物を入れられるし、逆にも曲げれば内側と外側が入れ替えられる。やったと思いました。
側面は固定テープにしておけば良いのです。果たしてこの案は?スタッフにもウケました。いけそうです。特許の出願です。
後は細かな寸法の詰めでした・・・。

カバンの中身の”ひらき”と、U字

スタッフ談

打開策に書いてある「トイレで思いついた」という点について、何故トイレ?と思いませんでしたか?話を聞いてみると、それはトイレの便座のUの字を見て、"U"Formを思いついたのだそうです。どこにヒントがあるかわからないものです。
ひっくりかえし機能、カットする、等の、アイデアがたっぷりつまったバッグの中身ですが、カバンの中身の女性用という事で、パッケージ用に使用する素材も女性らしくこだわってみたつもりです。

・・・・ですが、女性オンリーではなくて、男性も活用できる商品でもあります。(実際に、男性からの注文も少なくないのです。女性へのプレゼントかもしれませんが・・・)この商品は唯一老若男女問わないのかもしれません。男性が使ったらどうなるのか?というのも見てみたい感じはします。
アウトドア系で、釣りや、キャンプ時に使うとか、お年寄りの方などは、お薬をポケットごとに入れたり・・・・いろいろ浮かびます。

この商品を撮影するにあたって、私物のミニトート(みつばちトート)に入れて持ち歩きました。サイズがピッタリでした。女性がこのような小さいトートを持ち歩く姿はよく見受けられますね。もしピッタリサイズのバッグが見つかったら是非教えて頂きたいものです。
帆布素材のこのトートにぴったりでしたカラフル!わかりやすい!
ページトップへ戻る